Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ujin.blog91.fc2.com/tb.php/511-6f10daf1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

コンプレックス

毎日、人の名前を彫っていると、
数人に一人、私、自分の名前嫌い。

と言う人がいる。

何を隠そう、この私、雨人も自分の名前が大嫌いだったのだ。


本名を、俊輔(しゅんすけ)という。

小学校のとき、スイミング教室に通っていました。
スイミングバスが送り迎えをしてくれるのですが、
そのバスの中で、上級生の女子にずっとからかわれていたのだ。

当時は、「かぼちゃワイン」というアニメが放送されており、
主人公の少年の名前が「しゅんすけ」だったのだ。
そのアニメは、今観れば何てことないのかもしれないけれど
小学生にはちょっとエッチなアニメだった。

その主人公を好きなエルちゃんという大きな女の子
(しゅんすけは小さい)が追い回すという内容で、
その主人公になぞらえて、しゅんすけという名前を
からかわれまくったのだ。

バスの中で、年上の大きな女子に取り囲まれ、
「しゅんすけくんだ~~~いすき!」
とアニメの決め台詞で大笑いされた。

当時はバスに乗るのが恐怖そのものだった。


それ以来、名前を人前で名乗るのが恐ろしく、
絵本作家のサイン会で、名前は?
と聞かれ、

周りに名前を聞かれないように小さな声で
「・・・・シュンスケ・・・・」と囁いた。
作家は、聞こえず何度か聞きなおしたが
書いてくれたのは
「しゅうすけくんへ」
だった。

それを見ていた母親は、
声が小さい僕をなじったが、
この名前のせいでどんな苦労をしているのかも知らない
母親を恨んだものだ。


大人になってからも名前へのコンプレックスは結構続いた。

今ではいつの間にかコンプレックスは消えており、
結構気に入った名前であります(笑)
僕が生まれたとき、「大輔」と名付けようと思った両親は
出てきた僕の顔を見て、これは大輔ではない、
と、父親の恩師の名前「俊輔」とあいなったわけです。

チビだった僕に、大輔だったらそれまた苦労したかもしれませんね。



今だったら、スイミングバスで女の子に囲まれた状態は、ちょっと頬が緩んでしまいそうな光景ですが、小学生にとっては、女の子にからかわれる小さな惨めな男の子だったわけで、かなり深刻な問題だったのです。




自分の名前が嫌い、と言うお客さんの声に
心の中で、分かるなあ~~~、
と相槌を打ちながら、彫りあがった印を見て喜び、


わ~~~! なんか、自分の名前が好きになった^^


の言葉を聞くと、すごく救われて気分になるのです。




.


0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ujin.blog91.fc2.com/tb.php/511-6f10daf1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

雨人的篆刻

Author:雨人的篆刻
篆刻家、雨人でございます。

HP 
雨人的篆刻  http://ujin.info

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる