Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ujin.blog91.fc2.com/tb.php/469-6951e35c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

コンプレックス

何度も書くかもしれないけれど、
雨人のコンプレックスは知識の欠如。


物を覚えたり、勉強、というものがどうも苦手だ。

だから、ずーっと篆刻の知識や歴史、雑学といった事には
自分からは触れようとしなかった。

なぜなら、一生懸命勉強して出来なければ
それは自分の能力を自分ではっきりと自覚させられることだから。

それは恐ろしくて出来なかった。


この子は、やれば出来るのよ。


そういわれて育った人も多いでしょう。
それを言われれば言われるほど、
勉強をする事を遠ざけた。

なぜなら、やってできなければ、
期待してくれている人たちを裏切ることになるから。


だから、好きな「印を彫る」ということ以外から
目を閉じたし、耳をふさいだのです。
もちろん口もね。


小学校時、
親は、この子は公立は合わないと思ってか
私立の中学を勧めた。

当時の中学受験はたいてい受かる。
(そこまでレベルの高いところではなかったからね)
で、家庭教師をつけてもらって、見事に落ちた。

遠いから行きたくなかったから、わざと間違えて答案した。

と嘘の言い訳をした。
そりゃばれるわな。

378
379
380
381
383
384
385・・・・

と382だけ飛ばされたら、親も目を疑うね。



で、高校受験も見事に落ちた。
テストを受けた瞬間、もうだめだ、と思ったから、
結果発表さえ見に行かなかった。

そしたら、親はこっそり見に行ったらしい。
(それも当たり前の話だが)

で、やっぱり落ちてた・・・


滑り止めの私立には受かっていたから
受かった通知をもらったときは本当に嬉しかった。
周りは、雨人がなぜこんなに喜ぶのか理解できなかっただろうけどね。



そんなだから、もちろん大学受験なんて考えるまでもなく拒否したし、
高校出てからまで勉強なんてとんでもないと思っていた。


高校時代は両親家族と離れ、祖母と二人暮らしをしていたから
高校の勉強も面白くなく、農家をやらないか、と誘ってくれた
知り合いのおじいさんの所へ逃げようと思ってつぶやいた、

高校辞める。

の言葉に、一度も雨人に意見したことなかった祖母が、
高校だけは出ろ、と根気よく諭してくれた。

あのときの祖母がいなければ高校は出ていなかったかもしれない。
両親に言われれば、反発していたと思うし。
祖母との思い出は、またいつか書けたらいいな。



ずーっとだめだとレッテルを自分で貼っていたから、
先日、誰でも読めるであろう簡単な文だけど
白文(送り仮名のない)漢文が、読めたときは
自分が信じられなかった。


やっと、人並みの(一般篆刻家並み?)のことが出来るようになったのだ。
これは、物凄い衝撃だった。
やれば出来るのかもって、思えた。

見たくないものから逃げて逃げて逃げてきたけど、
それを正面から見据えて、実力なんかばれてもいい、と開き直ったときに
やっと扉が開いたんだと思う。



長かったなあ。

今でも、知識のなさはコンプレックスだけど、
これからはそれほど恐ろしくないかも。



しかし、これはお師匠をはじめ、丁亥印社の仲間に出会えたことが大きいなあ。




しみじみブログ。




.



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ujin.blog91.fc2.com/tb.php/469-6951e35c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

雨人的篆刻

Author:雨人的篆刻
篆刻家、雨人でございます。

HP 
雨人的篆刻  http://ujin.info

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる